浅川綜合法律事務所

ご相談・お問い合わせ 0120-666-386 [受付時間]9:00~19:00(土日祝除く) メールはこちらから B-plus経営者インタビュー

弁護士紹介

代表弁護士 浅川 有三

弁護士 浅川 有三

昭和54年 群馬県前橋市生まれ。

好奇心が強く、サッカーや空手、書道など興味のわいたものは一通りやらないと気が済まない子供だったため、学校から帰ると、習い事に追われる日々でした。

高校では、遠泳部に入り、一年中海で泳いでいました。
多いときには、1日に数十キロ泳ぐこともあり、今の仕事に必要な根性などは、この頃培ったと思います。

大学では経済学を学びながら、自動車部に入部し、自動車の整備やレース活動を行っておりました。
このときの知識は、現在でも交通事故訴訟において、事故時の車の挙動や、運転手の姿勢変化など主張に役立っています。

その後、大学での経験を元に、自動車販売・仲介業を立ち上げ業務を行っておりましたが、お客様や、取引先の方とおつきあいをしていく中で、「正しいことを伝えているのに、声が小さいと言うだけで伝えられない」という方が多くいることに気付き、「そういう人達のために、何かできることはないか」という思いを抱くようになりました。

そこで、独学で法律の勉強を始め、旧司法試験合格後は、国会議員秘書を経て、弁護士として活動を開始しました。
小出剛司法律事務所で、大手損保会社の顧問として保険事故(交通事故や医療、施設賠償など)問題を中心に、数百件の案件に携わり、その後労働問題や医療訴訟などに関わった後、平成27年に浅川綜合法律事務所を開設致しました。

モットーは、「依頼者の方が安心でき、相談しやすい弁護士事務所」であり、そのため、わかりやすい説明、問題・紛争の迅速な解決を心がけております。
おかげさまで、依頼者の方からは「とても話しやすく、すぐに解決してもらえて助かりました。浅川先生に相談して良かった」「もっと早く相談していれば、こんな辛い思いを長年しなくて良かったのに」などとお言葉を頂くことが多く、とても励みになっています。

ただ、保険代理店様や柔道整復師の方向けのセミナーや、被害者の方向けの無料相談会なども何度か開催させていただいておりますが、「弁護士への初期相談の敷居の高さ」をまだまだ感じています。

これからも、より相談しやすい環境作りを進めていきたいと思っておりますので、「こんなこと相談したら、失礼に当たるんじゃないかな」などと考えず、簡単なことでも結構ですので、まずは、ご相談いただければと思います。

先頭へ戻る